<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

瑞冠で新酒祭り

もうすぐ4月だというのに寒いんですが・・・・
寒いのが苦手な私は、当然夜桜も苦手です。
昼の暖かい日に、桜の木の下で美味しいお酒が飲みたい~!

同じようなことを思っている人はこちらも嬉しい情報です!
e0091322_19155692.jpg

甲奴町の山岡酒造で新酒祭りを行います!

日時 4月11日(日) 10:30~15:00

参加費  1000円 (新酒 お土産付き)

場所  山岡酒造 酒蔵

定員は100名なので・・・行く時は

こちらへ℡してから行きましょう!
0847-67-2302

山岡酒造の出来立てピチピチのお酒がた~ぷりと飲めますよ!

そのほか 酒蔵見学や山菜料理も味わえます!

春はイベントが多いね~!
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-29 19:15 | 日本酒

マラソン大会を終えて

マラソンブームは続いてますね~
7000人も参加したみたいです!
スタッフは大変だったでしょう。

来年は30回記念、目指せ1万人じゃね。

e0091322_1848315.jpg

今回は当店アルバイトの小学1年生の洸一くんもファミリーで初参加
e0091322_18264937.jpg

左後ろが洸一くんです。よく頑張った!
来年は妹の慶ちゃんも出るそうです!

よく頑張ったといえば
保命憎さんと小僧ちゃん
なんとファミリーの部で優勝!
e0091322_18284586.jpg

見よこの必死の走りを!胸を打たれましたよ。



同級生のAくんも初参加!
e0091322_18351569.jpg

こちらも必死です!
久々の競技は気持ち良かったのでは・・・

何はともあれ無事みんなの応援もでき
たくさんの同級生にも再会できたし
楽しいマラソン大会でした。
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-22 18:42 | 趣味

福山マラソン

e0091322_205978.jpg

本日の福山マラソン
無事に終わりました!

福山の大きな祭りになりましたね〜!楽しかったです。

タイムは前よりアップ!

また明日から練習すると思います?
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-21 20:59 | ワイン

めざせ!寛平ちゃん!

今週日曜日の福山マラソンの競技者証が届きました。

1年半ぶりの10キロマラソンに参加します!

今年は7000人の参加者ですと

そのうち10キロは1000人くらいだそうです。

さあ~僕は何位で完走できるのでしょうか??

ちなみに2年前は・・・・
記録 54分14秒
順位 409番(780人中)
e0091322_13172474.jpg


今年は1月から週2回の練習を一応続けましたが・・・・どうなることやら
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-16 13:17 | 趣味

お雛さんはピンクで

3月は娘の初節句ということで
お雛さんを飾ってます!

お雛さん見るのも何年ぶりでしょう???

男だからご縁がなく
この度我が家にお雛さんが来た時は、なんだか感動しました。
あ~このお雛さんは、これからずっと娘と一緒なんやって思ったり
おじいちゃんやおばあちゃんの想いが嬉しかったり・・・
いいもんですねお雛さん

娘も大はしゃぎでした


それからお雛さんには、こんなお酒はどう
e0091322_18585833.jpg


「亀齢 夢ふわり」 

微炭酸で酵母がピチピチ言って
甘いけどスッキリしてます。
アルコール度数が低いのでグビグビ行き過ぎるかも
お花見にも盛り上がりそうなピンクのお酒です!

300ml 630円
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-15 19:02 | 家族

馬に出会う

馬に出会いました!きれいな馬です!
乗馬クラブの馬だと思います。

e0091322_19243653.jpg

これはゲートが開いたんではないです。入るところです・・・。

道路で出会うとビックリします!しかも近所で・・・・。
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-12 19:24

プロフェッショナル

先日7人で西条の亀齢酒造へ行きました!!

今回は杜氏の代わりに、福山出身の東健太郎氏が蔵を案内してくれました。
e0091322_19395768.jpg

とても誠実で丁寧な説明&案内に、初めて蔵へ行ったメンバーもテンション上がってました。

亀齢酒造さんの酒造りは、杜氏が頭となり10人くらいで形成されたチームで
約半年寝食を共にして行います。

案内中に彼が言ったこと
「うちらはこの6ヶ月、米(お酒)に合わせて生活しております」
仕事の流儀、まさにプロフェッショナル!

酒造りは自然にまかせるところもたくさんあり、その自然に人間が合わせないといけない
お酒にストレスがかからないように、人間が動いていく
すべては世に出すお酒を最高のものにしたいため!
e0091322_19571116.jpg



どんなに夜中だろうが、杜氏の指示でみんなは動く。

杜氏が親父なら蔵人は息子たち

そこに強い絆があるから良い酒ができる。

今の世の中に欠けているものが、酒蔵の中にはたくさんあるなって思いました。
[PR]
by numakuma-budou | 2010-03-03 20:11 | 日本酒

地元の沼隈ぶどうと地酒をこよなく愛する酒屋(たなか商店)の店長の毎日を伝えられるかな?


by numakuma-budou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31