山梨2日目

やっと山梨2日目


どっぷり勝沼醸造さんでお勉強です!

1日目の夜から合流の神奈川のトオルさんを含めた8名で、有賀社長のセミナーです。


その前に、勝沼にあるトンネルカーヴ
e0091322_1855298.jpg

古いトンネルを壊さず、そのままワインカーヴとして生かす、この町ならではですね。

中はこんな感じです。
e0091322_18585146.jpg

ワイナリー用と個人用にワインを保管できるようにコンテナがあります。
なんと奥まで1キロ以上あります。



そして社長によるセミナー
e0091322_1941773.jpg

勝沼地区におけるワイン造りへの取り組み、畑の状態、世界から見た日本のワイン。

社長の言葉
「私達がワイン造りをすることは、1000年以上続くこの景観を守るためです」

はたして私は、こんなことを思って仕事しているでしょうか?
大変心に残る言葉でした。

私の町、沼隈町にも葡萄という歴史が作られていますし、鞆の浦の景観は1000年ものです。
自分に今何ができるか?
その先にあるものをイメージできるか?
まだ道は険しいが、それを考えることが楽しい。

勉強の後は、みんなで「レストラン 風」で食事。
e0091322_1922599.jpg

ここでは、ローストビーフと甲州ワインが楽しめる。

こちらが甲州ぶどう。
e0091322_19243417.jpg


この町は、この甲州ぶどうがあたり前の存在になっている。
どこに行ってもこの光景が見られるのは、日本中探しても無いだろう。

葡萄の歴史は1000年、ただまだ世界にくらべてワインの歴史は浅い

しかし、勝沼のワイナリーオーナー達の想いは決して浅くは無く

100年後の甲州が、世界中で飲まれる日を夢見てる。


そんな日がくるのは、そう遠くはないような気がします。

もっと日本人の私達が、日本ワインを応援しなければいけませんね。

今できることをしよう!
[PR]
by numakuma-budou | 2013-10-28 19:36 | ワイン

地元の沼隈ぶどうと地酒をこよなく愛する酒屋(たなか商店)の店長の毎日を伝えられるかな?


by numakuma-budou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31